おもしろおかしくやるんべぇ~ゆとり世代も悪かねぇ~

THEゆとり世代。さとり世代とも言われる世代「ふたば」の見方や考え方、そして日々の学びをまとめたブログ。

読書

山奥ニート、の話。

今回読んだ本はこちら。 「山奥ニート」やってます。 作者:石井 あらた 発売日: 2020/06/05 メディア: Kindle版 この本はオリラジのあっちゃんこと、中田敦彦さんのYouTube大学で紹介されており、 そこで初めて「山奥ニート」について知りました。 www.yout…

「今ない仕事」の話。

今回読んだ本はこちら。 大人は知らない 今ない仕事図鑑100 作者:上村彰子,「今ない仕事」取材班 発売日: 2020/08/07 メディア: Kindle版 児童向けの本ではありますが、 大人が読んでも面白いと思います。 よくある有名な言葉。 「(今年)小学校に入学…

「教えるということ」の話。

今回読んだ本はこちら。 「教える」ということ 日本を救う、[尖った人]を増やすには (角川書店単行本) 作者:出口 治明 発売日: 2020/05/01 メディア: Kindle版 立命館アジア太平洋大学(APU)学長、出口治明さんの 「『教える』ということ」という本です…

半農半Xという生き方、の話。

今回読んだ本はこちら。 次の時代を先に生きる (ちくま文庫) 作者:髙坂 勝 発売日: 2020/02/11 メディア: 文庫 読書のすすめの小川さんオススメの本。 「これ読むとみんな仕事辞めたくなっちゃうんですよ。」 というので、気を付けて読みました笑 後半の、…

外出自粛中に読んだ本

久々に「読んだ感」のある本を読みました。 ということで今回読んだ本はこちら、 英語ネイティブ脳みそのつくり方 作者:白川 寧々 発売日: 2019/04/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) www.youtube.com 外出自粛の期間に、白川寧々さんの動画をすべて視聴…

流行りに乗って「鬼滅の刃」を全部読んでみた話。

ようやく最終205話まで読み終えました。 なぜこんなにヒットしているのか、その魅力を考えてみたいと思います。 ストーリーはというと、 突然鬼に襲われた竈門(かまど)一家。 生き残ったものの鬼になってしまった妹の禰豆子(ねずこ)と、 彼女を人間に戻…

「おかげさま」の話。

今回読んだ本はこちら。 おかげさまで生きる (幻冬舎文庫) 作者:矢作 直樹 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/04/11 メディア: 文庫 矢作直樹先生の、「おかげさまで生きる」。 このブログでたびたび紹介している保江先生。 その保江先生に「業捨」とい…

積読を解消中。

今回読んだ本はこちら。 明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい 作者:樋野 興夫 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2015/08/06 メディア: 単行本 BOOKOFFで購入し、ずっと積読だった一冊。 読んで心に残ったことをまとめておきたいと思います。…

全託のすすめ。

今回読んだ本はこちら。 僕が神様に愛されることを厭わなくなったワケ 作者:保江邦夫 出版社/メーカー: 青林堂 発売日: 2020/01/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) 保江邦夫先生の最新作。 保江先生との出逢いやあれこれは 以前こちらにまとめました。 ww…

結婚について考えてみた話。

ある方が、この方の記事をシェアしており、 そこから興味をもって、noteの投稿を読み漁りました。 note.com 荒川和久さん。 「独身研究家」だそうです。 noteの投稿からも、なるほどなぁと感じることが多く、 3冊本を購入し、読んでみました。 結婚滅亡 ~「…

2020年になったばかりなのに、2022年のことを考えてみた話。

今回読んだ本はこちら。 2022――これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書) 作者:神田昌典 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2012/01/27 メディア: Kindle版 神田さんが地元にいらっしゃるということで、 その前にと思い、読んでみました。 進む…

人口減少社会について考えてみた話。

読んでいない本が溜まってきたので、年末のゆとりある時間を使って読書。 今回読んだ本はこちら。 人口減少社会のデザイン 作者:広井 良典 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2019/09/20 メディア: 単行本 なんとなく興味を惹かれ手にした本。 久々に…

会社員の教科書を読んでみた話。

今回読んだ本はこちら。 これからの会社員の教科書 社内外のあらゆる人から今すぐ評価されるプロの仕事マインド71 作者:田端 信太郎 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2019/12/18 メディア: 単行本 なぜか前から田端さんをTwitterでフォローし、時…

生き物の死にざま、の話。

これはこれは、面白い本に出合いました。 生き物の死にざま 作者:稲垣 栄洋 出版社/メーカー: 草思社 発売日: 2019/07/11 メディア: 単行本 何か月か前、「死」について考える時期がありました。 別に鬱になったり病んだりしていたわけではありませんので、…

久々に、読書の記録も。

以前、上田情報ビジネス専門学校(ウエジョビ)のイベントに参加しました。 www.futaba1107.com その際、お話をされていた佐藤芳直さん。 会場で佐藤さんの本を購入したのですが、なかなか読む時間が取れず。 ちょこちょこと合間の時間に読み、ようやく読み…

「英雄スイッチ」入っちゃった? って話。

久々の更新です。 先日、こんな記事を更新しました。 www.futaba1107.com めちゃくちゃ痛い、けれどとてもスッキリする施術、業捨。 なぜ、この施術を知ることとなったのか、 それはとある方との出会いがきっかけです。 yasuekunio.com その方は、物理学者の…

心揺るがす社説の話。

先日紹介した、みやざき中央新聞のイベント。 www.futaba1107.com その際、編集長の水谷もりひとさんの著書を購入しました。 いま伝えたい!子どもの心を揺るがす“すごい”人たち 作者: 水谷もりひと 出版社/メーカー: ごま書房新社 発売日: 2015/03/27 メデ…

シスター渡辺の話②。

前回の記事。 www.futaba1107.com そして今回読んだのがこちら。 幸せはあなたの心が決める 作者: 渡辺和子 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2015/09/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 読んで心に残ったことをまとめていきます。 …

シスター渡辺の話。

以前「置かれた場所で咲きなさい」は読んだことがあったのですが、 保江先生との出逢いをきっかけに、渡辺和子シスターの他の本も読もうと思い立ち、BOOKOFFへ。 いくつかあったので、とりあえず全部入手し、 そしてまず読んだのがこちら。 面倒だから、しよ…

変わった感覚を抱いた読書の話。

今回読んだ本はこちら。 天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ 作者: 北野唯我 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2019/01/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る ストーリー形式で天才・秀才・凡人に…

魂ふるえた読書の話。

今まであまり本を読んでこなかったので、 最近隙間の時間さえあれば本を読んでいる私。 新たな本に出合うたび、新たな気付きをたくさん得ていますが、 今回読んだこの本はとにかくすごかったです。 まさに名著!是非読んでほしい! 食えなんだら食うな 作者:…

大和言葉について見つめ直してみた話。

ブログを更新し続けていて思うこと。 最初は「量」だと思って、ひたすら書き続けました。 そうすると時々、「これだ」というネタが思い浮かびます。 そういう記事には、気づけば1時間2時間… 文字数も多くなります。 こうしたことを重ねていくと、普段の記…

ちょっと食生活を見直してみた話。

久々の、1日に2記事! 書き溜めておいて毎日更新すればいいのに、 それができない笑 ということで、今回読んだ本はこちら。 「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」 作者: 秋山龍三,草野かおる 出版社/…

古武術からの発想、の話。

今回読んだ本はこちら。 古武術からの発想 PHP文庫 作者: 甲野善紀 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2016/08/12 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る タテゴシ体操に出会ってから、「健康な体」について興味が増し、 たまたま目にしたこの本…

新たな読書のスタート、の話。

戦後、西洋に倣って経済発展を成し遂げ、物質的・金銭的な豊かさを得ました。 それで「幸せになったか」と考えると、うーん。 衣食住に困ることなく生活できるようになったことは、間違いなく素晴らしいことです。大病を患ったり事故に巻き込まれたりしない…

「抽象的」の捉え方が変わった話。

今回読んだ本はこちら。 具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ 作者: 細谷功 出版社/メーカー: dZERO 発売日: 2014/11/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 読書のすすめで購入したこのシリーズも、残り少なくなってき…

アリとキリギリスの話。

今回読んだ本はこちら。 アリさんとキリギリス ―持たない・非計画・従わない時代 作者: 細谷功 出版社/メーカー: さくら舎 発売日: 2016/11/04 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る もともとの「アリとキリギリス」は、キリ…

「縦糸の読書」の話

本当にこの一年で、人生が大きく変わりました。 行動しだしたら、いろいろなことが舞い込むようになりました。 ちょっと勇気を出して新たな環境に飛び込んでみると、そこで新たな人とのつながりが生まれました。今まで知らなかったような情報も入るようにな…

あたりまえを疑う

今回読んだ本はこちら。 あたりまえを疑う勇気 作者: 植松努,清水克衛 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2019/01/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 「リアル下町ロケット」とも言われる植松電機の植松努さんと、 …

こりゃまたすごい本に。

今回読んだ本はこちら。 言志四録 抄録 作者: 佐藤一斎,勝川華舟,世良田嵩,渡邉五郎三郎 出版社/メーカー: 明徳出版社 発売日: 2017/05/01 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 教員は公務員。 公務員の前身と言えば、武士。 という…