おもしろおかしくやるんべぇ~ゆとり世代も悪かねぇ~

THEゆとり世代。さとり世代とも言われる世代「ふたば」の見方や考え方、そして日々の学びをまとめたブログ。

9 知知夫國一之宮 秩父神社(埼玉県秩父市)【全国一之宮巡拝の記録】

 

今回はこちら、秩父神社です。

 

f:id:futaba1107:20200712151213j:plain

 

こちらはもともと、武蔵國の四之宮なのだそうですが、

後に「新一之宮」として認定されたそうです。

 

f:id:futaba1107:20200712154822j:plain

 

 

 

 

f:id:futaba1107:20200712151250j:plain

 

神門をくぐり、

 

 

f:id:futaba1107:20200712151407j:plain

 

拝殿へ。

 

こちらの御祭神は、

 

八意思兼命ヤゴコロオモイカネノミコト)。

 

オモイカネといえば、岩戸隠れの際に、

いかにアマテラスを岩戸の外に出すか、知恵を授けたことで有名ですね。

 

またオモイカネの10世孫で、崇神天皇に知知夫國の初代国造として任命された、

知知夫彦命(チチブヒコノミコト)という、神様の二柱が祀られています。

 

 

他にも、

 

明治の神仏分離の際に改められ祀られた天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)や、

 

秩父宮雍仁親王昭和天皇の弟)が祀られているそうです。

 

f:id:futaba1107:20200712155026j:plain

 

 

 

 

f:id:futaba1107:20200712152759j:plain

 

社殿には立派な彫刻がたくさん!

 

f:id:futaba1107:20200712153154j:plain

f:id:futaba1107:20200712153218j:plain

 

「子育ての虎」


f:id:futaba1107:20200712153200j:plain

 

だそうです。

 

 

 

f:id:futaba1107:20200712153347j:plain

 

「お元気三猿」

 

日光東照宮の「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿に対し、

「よく見て・よく聞いて・よく話す」お元気三猿と呼ばれているそうです。

 

f:id:futaba1107:20200712153352j:plain

 

お元気三猿だけでなく、その周りの彫刻も立派で豪華です。

 

 

 

f:id:futaba1107:20200712153654j:plain

f:id:futaba1107:20200712153658j:plain

 

「北辰の梟(ふくろう)」

 

体は社殿側を向いていて、顔はこちらを振り返って見ているのですが、

写真だと分かりづらいですね。

 

梟(ふくろう)は「不苦労」として、縁起が良いのだそうです。

 

 

f:id:futaba1107:20200712153937j:plain

f:id:futaba1107:20200712153942j:plain

 

最後は「つなぎの龍」

 

秩父神社の鬼門を守っていますが、

暴れないように鎖でつなぎとめているそうです。

 

これらの立派な彫刻は、日光東照宮でも有名な、

左甚五郎(ひだりじんごろう)という名工の作品だそうです。

 

 

今回はゆっくり境内を見て回りました。

f:id:futaba1107:20200712155341j:plain

 

f:id:futaba1107:20200712155347j:plain

 

f:id:futaba1107:20200712155408j:plain

 

f:id:futaba1107:20200712155412j:plain

 

f:id:futaba1107:20200712155447j:plain

 

f:id:futaba1107:20200712155458j:plain

 

f:id:futaba1107:20200712155517j:plain

 

f:id:futaba1107:20200712155521j:plain

 

f:id:futaba1107:20200712155657j:plain

 

帰る頃には日も沈んできて、

幻想的な写真が撮れました。

 

f:id:futaba1107:20200712160208j:plain

 

f:id:futaba1107:20200712160216j:plain

 

秩父夜祭」「三峰神社」「秩父札所巡り」

秩父にはまだまだ魅力がたくさんあるので、また行きたいなぁ(^^)

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪

学級経営の話。

 

大学の時の、ある先生の話を思い出します。

 

「いくら美味しいご飯でも、一緒に食べる人との関係が悪かったら、美味しく感じない。

しかし仲が良い人とだったら、多少不味いご飯でも、『不味い不味い』と笑い合いながら、なんとか食べられる。」

 

という感じの話。

 

 

そこから私は、授業よりも学級経営に重きを置いたコースに進みました。

 

 

かといって授業を疎かにしているわけではありません。

ただ毎回の授業を、フルコースのディナーのように、あれもこれも盛り込んだものにするのではなく(豪華な料理も毎日じゃ飽きちゃうし…)、

ごはんとみそ汁、漬物的な、素朴な美味しさ、安心感のある授業を極めようと思っているわけです。

目指す方向が違うだけ。

 

気付けば普段の食生活まで、そんな感じになっちゃってます笑

 

 

 

「密」になりたい子供たちが、「密」になれない今の状況、

そんな彼らとの思いをやり取りするツールとして、今年は「振り返りジャーナル」に取り組んでいる、ということを、以前記事にしました。

 

www.futaba1107.com

 

 

「振り返りジャーナル」ともう一つ。

こちらはずっと取り組んでいることですが、

 

「クラス会議」

 

クラス会議入門 (THE教師力ハンドブック)

クラス会議入門 (THE教師力ハンドブック)

  • 作者:赤坂 真二
  • 発売日: 2015/03/20
  • メディア: 単行本
 
いま「クラス会議」がすごい!

いま「クラス会議」がすごい!

  • 作者:赤坂 真二
  • 発売日: 2014/10/02
  • メディア: 単行本
 

 

 

議題を決めて、それについて話し合ったり、

見つけた誰かのいいところを発表したり、

 

初回は、いくつかレクをした後、

「学校が再開になって、1ヵ月が経っての想い」を共有しました。

 

 

なかなか話し合い活動をするのは難しいと思っていましたが、

広い特別教室が空いており、距離を取って円がつくれました。

 

 

「家で勉強をしていた時はなかなか集中できなかったけれど、学校でみんなと勉強したら集中できた」

 

「みんなと遊んだり話したりできてよかった」

 

そんな声が聞かれました。

 

 

やろうと思えば勉強は家でもできます。

 

休校中、塾がオンラインで始まったという子もいましたが、

扱い方に慣れていなかったり、

なかなか質問がしづらかったりしたそうです。

 

一部の子は、家で予習をどんどん進めていました。

しかし大多数の子は、なかなか家では集中して勉強できない、

これが現実なのだと思います。

 

それが悪いということではなく、

その状況をどう生かすか、です。

 

家でもどんどんできる子は、今でも引き続き予習を進めながら、

学校では、理解しきれなかったところを復習したり、

教えてあげたりしながら更に理解を深めています。

 

トップランナーの走る姿に触発され、

家ではなかなか集中できないという子も、

学校では集中して取り組んでいます。

 

 

感染するリスクのある学校にわざわざ来ているのですから、

とるべき対応はとりつつ、

いかに学校で過ごす時間を充実したものにできるかだと思います。

 

 

互いの想いを共有し合うことで、

子供たちから自然と笑顔が出てきます。

 

物理的に距離を取る中で、

心までもが離れてしまったと感じているようです。

きっとこうした想いを抱いている子は多いでしょう。

 

その心のつながりを復活させるため、

例年以上に「クラス会議」が大いに機能しています(^^)

 

想いを共有し合ったら、

クラスの雰囲気が変わりました。

 

これは言葉では上手く説明できません。

やって、感じてください笑

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪

外出自粛中に読んだ本

 

久々に「読んだ感」のある本を読みました。

 

ということで今回読んだ本はこちら、

 

英語ネイティブ脳みそのつくり方

英語ネイティブ脳みそのつくり方

  • 作者:白川 寧々
  • 発売日: 2019/04/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

www.youtube.com

 

外出自粛の期間に、白川寧々さんの動画をすべて視聴し、

それからようやく、この本を購入。

 

気付けば一気に読み切ってしまいました。

 

 

高校生くらいで読んでおきたかったというのが正直なところ。

と言っても自分にとっては、最速のタイミングがちょうど今。

 

これから少しずつ英語ネイティブ脳みそをつくっていきたいと思います(^^)

 

TEDとか、英語で発信している動画観よーっと!!

 

 

 

ALTがいて、

定常的に英語で会話できる環境があるのは、とってもありがたい✨

 

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪

8 武蔵國一之宮 氷川神社(埼玉県さいたま市)+α【全国一之宮巡拝の記録】

 

氷川女體神社を参拝した後は、

 

www.futaba1107.com

 

 

氷川神社へ。

 

f:id:futaba1107:20200624204242j:plain

 

f:id:futaba1107:20200624204323j:plain

f:id:futaba1107:20200624204329j:plain

 

氷川女體神社と比べて、こちらの境内はとても広いですね。

 

 

御祭神は、須佐之男命(スサノオノミコト)。

私の産土神社が八坂神社なので、スサノオの祀られている神社には親近感が沸きます✨

 

 

稲田姫命(イナダヒメノミコト)と、

スサノオの妃、氷川女體神社では奇稲田姫命の名で、主祭神として祀られていました。)

 

スサノオクシナダヒメの子である大己貴命(オオナムチノミコト)、

 

氷川女體神社と同様、この三神が祀られていました。

 

f:id:futaba1107:20200624204356j:plain

f:id:futaba1107:20200624204402j:plain

f:id:futaba1107:20200624204407j:plain

f:id:futaba1107:20200624204435j:plain

 

庭園も立派です(^^)

 

f:id:futaba1107:20200624204440j:plain

f:id:futaba1107:20200624204445j:plain

 

ゆっくり見て回ることができればよかったのですが、

着いた時刻がだいぶ遅めだったので、急いでの参拝に。

 

f:id:futaba1107:20200624204541j:plain

f:id:futaba1107:20200624204545j:plain

f:id:futaba1107:20200624204551j:plain

 

参道を逆方向に辿ってみましたが、

いやぁ、長い!

とにかく、広い!

 

 

 

 

 

実は氷川女體神社からここ氷川神社に来るまでに、

 

こちらの氷川中山神社にも参拝しています。

 

f:id:futaba1107:20200704221203j:plain

 

f:id:futaba1107:20200704221206j:plain

f:id:futaba1107:20200704221212j:plain

f:id:futaba1107:20200704221218j:plain

 

こちらの御祭神は大己貴命(オオナムチノミコト)。

 

氷川女體神社(母)、氷川中山神社(子)、氷川神社(父)の三社が、

ちょうど一直線に並んでいます。

 

 

 

実はこの日、東国三社(鹿島神宮、息栖神社、香取神宮)も参拝しています。

 

www.futaba1107.com

www.futaba1107.com

 

一日で茨城、千葉、埼玉の六社を一気に参拝。

そのため、一社一社に時間をかけることができなかったのでありました。

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪

6月の畑の様子

 

前回の畑の更新から約1ヵ月が経ちました。

 

この間、畑に行っていないわけではなく、

特に大きな変化もないまま、行っては草を刈っての状態だったので、

更新していなかっただけです。

 

ということで、今の畑はこんな感じ。

 

f:id:futaba1107:20200625175805j:plain

 

草だらけ笑

 

しかしこう見えて、野菜の周りの草は刈ってあります。

もう少し経ってそれらが枯れてくると分かりやすくなるかな。

 

 

f:id:futaba1107:20200625180021j:plain

 

ミニトマトは随分と立派になりました。

 

 

f:id:futaba1107:20200625180110j:plain

 

ナスはこんな感じ。

生育が遅いので、収穫できるのは結構後になりそう。

 

 

f:id:futaba1107:20200625180156j:plain

 

キュウリは全滅したと思っていたら、

かろうじて生存していました。

 

生命力が凄いなぁ。

 

f:id:futaba1107:20200625180259j:plain

 

隣のマリーゴールドは咲き始めました。

 

 

f:id:futaba1107:20200625180307j:plain

 

こちらは苗で植えたピーマン。

右側に見えるのはインゲン。

 

 

f:id:futaba1107:20200625180449j:plain

 

こちらはダイズ。

 

 

f:id:futaba1107:20200625181031j:plain

 

後から種を蒔いたオクラ。

 

こちらも全滅かと思いきや、いくつか生き残っていました。

 

 

f:id:futaba1107:20200625180531j:plain

 

思いのほかよく育っているのがレタス。

 

こちらは非結球のはずなのですが、中心が若干、球のようになっています。

何枚か葉を摘み、帰ってから美味しくいただきました。

 

無農薬無肥料、固定種の種から育てた正真正銘のオーガニックレタス。

かなり育てやすいので、これからもつくろうと思います(^^)

 

 

f:id:futaba1107:20200625180844j:plain

 

畑の外れで、大きく育つヒマワリ。

花が咲くのはいつ頃だろう。

 

 

とまぁこんな感じです。

 

徐々に収穫もできるなど、成果が出てきた2年目。

新しく耕した場所の方が、やはり育ちも良いようです。

 

いやぁ、奥が深いし面白いわぁ(^^)

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪

学校が再開となって、の話。

 

ようやく学校が再開となりました。

 

しかしまだ感染の恐れがゼロになったというわけではないので、

今までと同じようにというわけにはいかず、、、

 

 

学校の魅力は「密であること」にこそあると思っているのですが、

そこを制限された今、なかなか厳しいですね。

 

とはいえ、その中でできることをやっていくしかありません。

 

 

 

共働き世帯も多くなり、なかなかゆっくり家族で過ごす時間が取れず。

さらに各家庭が分断され、地域との関わりも希薄に。

 

そんな状況だからか、

人とのつながりを、ふれあいを求めている子が多いなぁと、

以前から感じていました。

 

 

今回の休校等により、家庭で過ごす時間が長くなり、

家族とのふれあいが増えた、という良さはあると思います。

 

しかし今度は、

家族で過ごす生活を、かえって窮屈に感じる、ということも出てきました。

 

 

 

 

最初に休校になったときは、

「やったー!休みだー」

 

しかし休みとはいえど、外出できず、

行動は制限され、監視され。

 

こんな状況なら、むしろ早く学校が始まってほしい。

そう思った子も少なくないと思います。

 

 

 

あまりに長い休校期間。

 

最初は慣れなかったものの、こうした生活にも少しずつ適応し始め、

これはまたこれでもいいかな。

 

そう思う子もいると思います。

 

 

 

こうした状況での学校の再開。

 

 

 

 

 

マスクをつけていると表情が伝わりづらいし、

常に顔の周りが覆われているという圧迫感、ストレスがあります。

 

かといって、ストレスを払拭すべく、

友達の近くに集まって、肩を寄せ合う、話をする、勉強をする、

ということもなかなかしづらい状況です。

 

確かに、教室という同じ場にはいるのだけれど、

どこかつながりが希薄な、個々が分断されているような、

そんな雰囲気があります。

 

 

元々人とのつながり、ふれあいを求めていた子が多かったのに、

それがさらに感じづらい、求めづらい状況になり、

今後そうした気持ちの満たされなさが、いろいろな形で出てくるのではないかと思います。

 

 

それに対して何かできることは無いかと思い、

 

久々に取り組み始めたのが、

 

振り返りジャーナル!

 

www.futaba1107.com

 

以前もやっていたことがあったのですが、

放課後に陸上やら水泳の課外、行事の準備などがあると慌ただしく、

なかなか書いている時間がありませんでした。

 

しかし今年はそうした行事が軒並み中止。

振り返りを書くような時間が結構確保できています。

 

 

感じていること、想いを表出できる場があるというのは、

良いのではないかと思います。

 

そして自分の想いを受け止めてもらえていると感じられるだけで、

かなり心の負担は軽くなっているのではないかと思います。

 

 

本当はもっと「密」になれれば良いのですが、

当面の間は厳しいでしょう。

 

そんな中、この振り返りジャーナルは、

一つのセーフティネットとして機能してくるように感じます(^^)

 

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪

7 武蔵國一之宮 氷川女體神社(埼玉県さいたま市)【全国一之宮巡拝の記録】

 

今回はこちら、

 

 

 

武蔵國一之宮、氷川女體神社です。

 

f:id:futaba1107:20200621090254j:plain

 

 

武蔵國の一之宮といえば氷川神社ですが、

こちらもまた、氷川神社と対になった一之宮。

 

女體(にょたい)というだけあって、御祭神は女神。

奇稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)。

 

八岐大蛇(ヤマタノオロチ)討伐の際に登場し、

後にスサノオノミコトの妃となりました。

 

そしてスサノオとクシイナダヒメの子である大己貴命(オオナムチノミコト)と、

その妃である美穂津姫命(ミホツヒメノミコト)も祀られています。

 

f:id:futaba1107:20200621091436j:plain

 

 

f:id:futaba1107:20200621091424j:plain

 

若干ピンボケしていますが、社殿はこんな感じ。

 

氷川神社は境内が広く、社殿も豪華な感じですが、こちらはひっそり。

しかし洗練された美しさ、わびさび?を感じます。

金閣より銀閣的な。

個人的には、静かな場所にある、こうした神社の方が好きかも(^^)

 

f:id:futaba1107:20200621091606j:plain

 

f:id:futaba1107:20200621091642j:plain

 

御神木。

こぶが熊のように見えます!

 

f:id:futaba1107:20200621091637j:plain

 

氷川女體神社は、神職さんも女性の方でした。

 

ちょうど同じように全国一之宮を参拝している方がいらして、神職さんを交え、

なぜか3人で話が盛り上がりました。

 

その後も少し社務所に寄らせていただき、

いろいろとお話を聞かせていただきました。

 

 

そこで分かったのが、

氷川女體神社では、茅の輪くぐりの際に使っている植物が、

 

真菰(まこも)だということ。

 

 

 真菰(まこも)については、以前こちらにまとめました。

そういえば、鬼滅の刃でも真菰ってキャラが出てきますね。

 

www.futaba1107.com

 

真菰といえば出雲大社の注連縄。

 

その御祭神であるオオナムチ(オオクニヌシ)が祀られているし、

その母神でもあるから、関係が深いのかなぁ。

 

 

 

江戸時代に、橘三喜(たちばなみつよし)という方が、

初めて全国一之宮巡拝を成し遂げたそうで、

その方が一番最初に参拝したのが、ここ氷川女體神社だそうです。

そこから一之宮発祥の地とも呼ばれているのだとか。

 

すべてを巡り終えたら、最後にまた氷川女體神社にお礼参りをするとよいそうで、

 

神職さんから、

「全部まわり終えたらまた来てくださいね」

とのお言葉を。そして全国一之宮の地図をいただきました。ありがたや。

 

 

「是非これを、子供たちに読み聞かせしてあげてください」

と、帰りにヤマタノオロチ伝説の絵本をいただきました。ありがたや。

 

f:id:futaba1107:20200621095330j:plain

 

橋の左側が神社。右側は公園になっていました。

 

 

 

 

女體の體の字、

「体(タイ)」を、「骨」が「豊か」と書く。

 

今まさにハマっているのも筋骨分離の意識。

骨を豊かにすること。

 

體の字といい、真菰といい、神職さんとのやり取りといい、

今まさに自分が興味のあることややっていることなどが全て一つになる。

 

この経験をきっかけに、全国一之宮巡拝に、

よりどっぷり浸かっていくこととなるのでした。

 

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪