畑を通じたコミュニティーの話。

 

「先生、畑を始めました!」

 

先週、子どもたちから言われた言葉にびっくり。

 

 

どうやら家に使っていない畑があるらしく、

何人かで集まって耕し、畝を作り、種を蒔いてみたとのこと。

 

 

まさか、自分のやっていることから興味をもち、

畑を始める子が出てくるとは思わなかったです。

 

おじいちゃんおばあちゃんが手伝ってくれているはずなので、

これをきっかけに孫たちとの関わりが増えたのなら、良いですねぇ。

 

 

畑の良いところって、野菜が育つ様子を実感できること。

そして収穫したら食べられること。

この体験ってすごく大きい気がします。

 

規模が大きくなければ、そんなに手もかかりません。

遊びのレパートリーの一つとして。

販売目的でないから、いろんなことを試せます。

 

畑を遊び場として子どもたちが集う。

なんて豊かな経験なのだろう。

 

 

大人になって、

仕事は仕事で別にやりつつ、

こうやって共同で畑を運営し、自分たちで食材の一部を賄う。

 

これからの時代の生き方としていいかも(^^)

 

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪