作戦会議2019の話。

 

昨日は仕事始めでした。

職場に行って3学期のスタートの準備。

 

とは言っても印刷物とかお便りとか一部だけ。

あとは子どもたちと一緒に作り上げます。

 

こちらがいろいろと準備してもいいのですが、

そうすると子どもたちの「自分たちでつくり上げた」感が得られません。

確かにこちらが作ったほうがクオリティは高くなるんでしょうが、それは年齢の違いだけ。

私と同じくらいの年になったら、もの凄いクリエイターになっている子もいるかもしれません。

そうした子の成長のための投資として、あまり手を出し過ぎないことも大切なんです、と正当化してみます(^^)

 

 

勤務後、夜は「作戦会議」をしました。

作戦会議と言っても、何の作戦会議か分かりません。

「語るん部」でお馴染みのよんぺーハウスで、あれこれ語り合いました。

www.futaba1107.com

 

急な呼びかけにもかかわらず、何人か集まりました。

来れなくても反応をくれた人も何人かいました。

 

2019年のスタートにあたり、作戦会議っぽい話もできました。

ちょうど子どもたちに関わる人たちが集まったので、テーマはそちらの方向に。

少人数であった分、深い話ができて良かったなと思います。

後半、私は睡魔に襲われてましたが。

 

言ってしまえば、意外とその通りになるんだなぁと思いました。

とはいえ、今度はもう少し早めに思いついて、もう少し早めに言い放ちたいと思います。

 

でも本当は誰かが投げかけなくとも、

いつでも行ったら誰かがいるような。

そんな場を作れたらいいなと思っています(^^)

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪