一歩先に進むためには「ゆるむこと」の話。

 

休み時間中、

最近私が頑張っていること。

 

それは、

 

一輪車

 

 

始めたきっかけは忘れましたが、

やり始めたらハマりました(^^)

 

良い感じで乗れたと思っても、

最初は5,6漕ぎが限界でした。

 

 

そんな姿を見かねたのか、

ある時から師匠が現れました。

 

 

師匠は小学2年生。

 

日々、

「今日はここから〇〇まで。できなかったらもう一回。」

と課題を出してくれます。

 

休憩時間はありません。

 

疲れて休んでいると、

「それじゃあ、△△まで行くからついてきてね。」

と、なかなかスパルタです。

 

 

止まってしまうとバランスを崩しやすくなってしまいますが、

前に進んでいるうちはバランスが取りやすいです。

これは自転車とも似ていると思います。

 

しかし自転車と違うところが、強く漕いではいけないということ。

強く漕ぐと、そちらにバランスを崩してしまいます。

 

一漕ぎ一漕ぎ、力んでいるので、

前に進めたとしても、真っ直ぐではなくジグザグジグザグ。

 

わずか15~20分ほどの練習ですが、

終わるといつも足がガクガク。まともに歩けませんでした。

 

 

ある時、転機が訪れます。

連日の特訓の疲労が溜まったからか、漕ぐときに力が入れられなくなりました。

 

そうしたら、すいすいと漕ぎ進めることができました。

一度その感覚を掴んでからは、どんどん距離が伸びていって、

今では50mはいけるようになりました!

 

 

 この感覚、どこかで経験したことがあるなぁと思えば、

 

 

 

まずはゴルフ!

 

最初は力が入ってスイングしていたので、すぐに手にまめができました。

芯を食わなかった時の衝撃がまた、痛いのなんの。

 

振り続けたら疲れて、あまり力まないようになってきて、

それからスライスしなくなりました。

それどころか、軽く振っているのに、飛距離も伸びました。

 

始めた頃は、ボールがあっちにこっちに。

カートに乗る時間などなく、常にクラブを持ってボールを探しにダッシュ

 

でもそうしていると疲れて力が抜けてきて、いいショットが打てたりしました。

 

 

 

 

それから、

 

スノーボード

 

 

最初のうちは力技で板をずらすようなターンでしたが、

ずっとそれをやっていると足が疲れます。

 

なので長いコースを休憩なしで滑れませんでした。

滑り終わると足がガクガク。

力を抜いた方が良いことは分かっているけれど、

逆エッジで転ぶのは怖いので、常に身も心も緊張しっぱなし。

 

しかしある時から疲労がピークに達し、踏ん張れなくなります。

 

その時、力に頼らず重心移動で、

エッジの噛んだ良いターンができたりしました。

 

 

そして極めつけは、

 

授業(^^)

 

 

ここではこういう発問を、

時間はこれくらいで、

 

と、練りに練った授業ほど、

あれもこれもと盛り込みすぎ、

力んでしまって、消化不良に。

 

費やしたものの割に効果が薄い。

 

 

案外と、

何の変哲もない、

いつも通りのふつーうの授業の方が、

 

「あれ?今の時間、なんか神がかってたな。」

 

と思うことがあったりします。

 

子どもたちもよく理解できているし、

毎回、不思議だなぁと思います。

 

 

 

では手を抜けばいいのかと言えば、そういうわけではなく、

 

ゴルフだってクラブを振らなければならないし、

あまり意識してはいませんが、インパクト時には、一瞬グッと力が入っているのだと思います。

 

スノーボードも、ターンに入る前の角付けの時には、

グッと踏ん張っています。

それ以外は結構リラックスしています。

 

授業の中でも、「なんか今良かったな」という時には、

きっとポイントポイントで、必要な力が加わっているのだと思います。

 

 

もちろん最初は、ノウハウや型があったり、師匠がいたりしても良いのだと思います。

でもそれを忠実に守っている段階では、そこから先へはなかなか進めなくて、

 

一つは、忠実にやり続けた末に、意識しなくとも自動化された時。

つまりは、ゆるんだとき。

 

一つは、忠実にやり続けて、「もうこれ以上は無理」と限界が来たとき。

つまりは、ゆるんだとき。

 

 

一歩先に進む道が拓けるのかなぁと思います(^^)

 

 

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪