変わった感覚を抱いた読書の話。

 

今回読んだ本はこちら。

 

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

 

 

 

ストーリー形式で天才・秀才・凡人についてそれぞれ書かれていて、とても読みやすいです。

 

 

しかし、あれあれ?

読み進めていくうちに、分かっていたと思っていたことが、だんだん分からなくなってきました。

 

 

結局、世の中に天才・秀才・凡人なんてものは存在しなくて、

人によってある傾向が強かったり、その場に応じて天才・秀才・凡人を演じたりしているってことなのかな?

と考えが勝手に広がってしまって、収拾がつかなくなりました。わらい。

 


とりあえず、多数決の「こわさ」は分かりました。

 

あと、「飽きとの戦い」という感覚も!

 

 

 

 


上手くこの本の魅力を伝えることができないのですが…

 

 

ま、そんなときもあるよね(^^)

 

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪