時空の感じ方がどんどん変わっていく話。

 

ここ最近は、日々の業務にあくせくと。

 

それに手いっぱいで、以前ほど「明日はこれ、あさっては…」と、週末の予定を立てていません。

 

 

 

週末と言っても、朝起きる時刻は普段と変わらないので、結構早く起きます。

そうすると、あら不思議、その日すべきことがふと浮かんできます。

 

そして一日が終わってみると、やっぱこうするのが良かったんだなと感じる。

そんな毎日です。

 

すべてを委ねたからかな(^^)

 

 

 

ふと行く場所の距離もどんどん伸びていきます。

片道2時間くらいなら、普通の範囲内になってきてます。

 

 

会う人たちも、関西の方に、九州の方に。

定期的に顔を合わせているので、距離感がつかめません笑

 

最近はオンライン通話も利用しているので、ますますその感覚がおかしくなってます。

 

 

遠くにいるようで「近」く、

近くにいるようで「遠」い。

 

そういう感覚は今後も増していくのだろうなぁと思います。

 

 

大好きな人たちに囲まれ、とても幸せな日々ですが、

そこに留まりすぎてしまうと、それが当たり前になりかねません。

 

更に待っているはずの新たな繋がりや出逢い、そして自分自身の成長の制限にもなりかねません。

 

 

時空の感じ方、捉え方が変わり、どんどん世界が広がっていく。

そうすると、世界が狭いように感じてきます。

でも実は視野が狭くなってきていて、その外に広がっている世界が見えなくなってきているだけなのかもしれません。

 

そういう感覚は忘れずにもっておきたいなぁと思うのでありました。

 

 

引き続き、また新たに自分から行動し、新たな出逢いや繋がりを求めていくことですね。

 

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪