社会科の「産地調べ」の話。

 

社会科の学習で、「食糧生産」の単元に入りました。

 

その導入として、「農産物」「海産物」「畜産物」の確認をし、

家にある食料品の産地を調べてくる宿題を出しました。

 

 

 

 

社会科の学習後、ある子が、

 

「先生、あまり産地調べできないかもしれません…」

 

と言ってきました。

 

 

 

 

出かける用があったり週末慌ただしいのかな?と思うと、

 

 

 

 

 

 

「うち、お米も野菜もおじいちゃん家で作ってるんです。」

 

 

 

 

 

なるほど!!

 

 

私は普段スーパーで買い物をしているので、それを聞いてビックリ。

 

でもそうだよなぁ、肉や魚、海藻類以外はほとんど農産物だもんなぁ。

普段口にしている食材の産地がほとんど「おじいちゃん家」ってこともあるよなぁ。

 

 

「この野菜は〇〇産なんだぁ!」

という気づきは得にくいもしれないけれど、かえってそれがどれだけ幸せなことか。

 

 

ほとんどが「おじいちゃん家産」の中、何をどれだけまとめてくるかが楽しみです。

 

 

 

もともと「産地調べ」でねらっていたこととは少し違いますが、

この展開もまた、なんとも(^^)

 

 

 

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪