集金の話

 

集金日。

 

無くなったり何かあると大変なので、持ってきたお金は登校後すぐに集めています。

 

 

 

 

ある集金日の朝のこと。

 

 

「あああ~、俺のおこづかいがぁ~」

 

と嘆く声。

 

 

 

話を聞くと、どうやら自分のお小遣いから教材費などの集金を出しているそう。

 

まぁ実際はそれも見越してお小遣いをもらっているんだろうけど。

 

 

 

 

でも今どきの小学生が、自分が使うものであっても、こうして自分でお金を出す経験ってあまりないと思う。

 

「あああ~」と嘆く気持ちはもちろん分かる。

と嘆きつつも、手渡してくれるときには良い表情をしている。

 

 

こういう経験ができる環境にいる、ということがどれだけ幸せなことか、いつか気付ける時が来るといいなぁ。

 

 

 

今どき、現金での集金なんてほとんどなく、口座引き落としが大半だと思う。

その方が手間が省けるし、紛失などのリスクもなくなる。良いことばかり。

 

 

 

ただ、、、

 

 

便利さや効率の良さではなく、

 

 

不便であったり非効率であったりすることの中にこそ、

 

 

本質的な価値に気付くきっかけ、教育の効果が眠っているのかも。

 

 

そんな風に感じたのでありました(^^)

 

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪