本学と末学の話

 

学問には「本学」と「末学」がある。

 

「本学」とは、「人間としての在り方」を考えたり学んだりすること。

昔の寺子屋では、「四書五経」などを通してこれを学んでいた。

 

「特別な教科 道徳」「キャリア教育」

そこに求められるものは大きいなぁ。

 

 

平安末期から江戸時代まで約1000年読まれた「実語教」もあとで読んでみたいと思います!

 

 

 

「末学」とは、「本学」に加える、知識や技能などのこと。

読み書き算盤は、末学。

「外国語」「プログラミング」

 

 

 

「本学」という幹が太くてこそ、「末学」という枝葉を広げることができる。

 

 

でも細っちい幹しかないのに、むやみやたらに枝葉を広げようとしていないか。

 

まさに、

 

 

本末転倒 

 

 

 

 

おもしろおかし…

 

くなんて、言ってられんわ!

 

 

もっと本質に目を向けた方がいい(^^)