アリとキリギリスの話。

 

今回読んだ本はこちら。

アリさんとキリギリス ―持たない・非計画・従わない時代

アリさんとキリギリス ―持たない・非計画・従わない時代

 

 

もともとの「アリとキリギリス」は、キリギリスのように怠けず、アリのようにせっせと働きなさいよという戒め的な話。

 

当時はそれが大切だったのかもしれませんが(時の権力者の思惑かも…?)、

今の時代には合わない部分も多々あります。

 

そんなことを考えながら、本を読み進めました。

 

 

変化が早くなって陳腐化が進んでいくことは、「持っていること」のリスクを上げていく

 

わかるわぁ。

最近ほとんど物欲がありません。

 

最新ではなく型落ちのものでも十分満足できます。

物にかけるお金が減れば、その分他のことに使うことができ、より豊かな生活ができるのではないかなと思います。

 

良いものを手に入れても、それよりもっと良いものがあります。

それには際限がありません。

結局、物では心は満たされないんですね。

それに早く気付けたのは良かったかも。

 

 

ウチ・ソトが明確なアリ、境界がないキリギリス

 

アリは自分の群れや巣を大切にします。

それこそが存在する意義とも言えます。

しかしウチ・ソトが明確なため、善・悪や敵・味方で判断しがちになります。

 

キリギリスにとっては、草原すべてが自分のフィールド。

なわばりの意識もありません。

無駄なストレスを感じることもなく、自由に行動できます。

 

 

 

とまぁこんな風に、アリ的思考とキリギリス的思考とが対比して書かれています。

 

私には、キリギリス的思考の方がしっくりくるものがたくさんありました。

アリ的思考が多い世の中で、違和感を感じるのは、当然と言えば当然だったようです。

 

別にアリ的思考が悪いわけではありません。

みんながみんなキリギリスで自由人では大変です。かといってみんなアリでも窮屈です。

要は両者のバランスが大切なのだと思います。

 

 

おもしろおかしくやるんべぇ♪