頭か体か

 

いろいろな本を読んでいて辿り着いた一つの考え。

 

生命の本質は頭(脳)ではなく、体(細胞・DNA)にこそ、あるということ。

あれこれ考えるのではなく、直感で。内なる声に耳を傾け、ただひたすらに行動あるのみ、と。

 

それどころか、むしろ先に「動きそのもの」があって、それを実現するために「体」が生まれた、とか。

普通は「体」があるから「動ける」って思うところを、その逆とは。

私の理解できる範疇を遥かに超えている…

でも粒子が「波」の状態で存在していて、ある時「粒」になり物質化・実体化すると考えれば、なるほどそうとも考えられるのか。凄い世界だなぁ。

 

 

 

ということは…

 

 

 

今は座学の勉強が中心。これは頭(脳)が優位の学習。

それから仕事も、頭(脳)を使うものが多い。

 

でも生命の本質的に考えれば、

「行動」を優位にした体験的な学習の方があっているのかも。

「ただひたすらに、やってみる」

スポーツや楽器の演奏など、まさにそうかもね。

 

仕事もどちらかというと職人的な、手に職をつけるものを。

「ああだこうだ」考えないで、とりあえず、やってみる。

 

 

 

 

その先に見えてくるものってなんだろう。

 

 

 

 

悟りの境地?

 

教育の目的で考えれば、「人格の完成」?

 

 

 

これから先、

現状と同じように、より偏差値の高い高校、より偏差値の高い大学…と

頭をいっぱい働かせていくのもいいけれど、

 

実業系の高校、専門学校。むしろ学校に行かず、その世界に弟子入りするなど。

ただひたすらに行動していくのも、魅力的な生き方なんじゃないかなぁと思う。

 

私の身の回りで輝いて見える人。

こういう一芸に秀でた方が多いかも。