おもしろおかしくやるんべぇ~ゆとり世代も悪かねぇ~

幸せ Society 5.0 『学び合い』教育2.0 革命と信用

なぜその家に生まれたのか、という話。

 

ここ最近、健康オタクばりに、「食」のことばかり考えております。

 

そんな時、

「あれ、そういえば、今までの人生って…」

 

おもしろおかしくつながることがありました。

 

 

 

 

小さい頃、私はあまり家庭環境に恵まれていないと思っていました。

 

年の離れた末っ子で、まぁ、ある意味放任的と言いますか。

同年代の人とかかわる経験があまりなく、この通り自由人身勝手なところもあり、

多くの人に多大なご迷惑をおかけしたことと思います。

この場を借りてお詫び申し上げます、はい。

 

ということで特に習い事とかもせず、自由気ままに生きてきたわけです。

いろんな習い事をしている友だちを見ると、

「なんでうちは…」

 

なんて思ったことも何度か。まぁ金銭的に時間的(私本人はあり余っていたけれど)に余裕がなかったといえば、そうなんでしょうね。

 

 

 

外食もさほどしませんでした。

 

ただ、「食」に関して言えば、あることに気づきました。

 

うちの近くにはオーガニックの野菜などを全国各地から仕入れる、食のセレクトショップ的なスーパーがあったのです。

医食同源」をコンセプトにした、そのお店から食材を買っていました。

そしてそれが幼少期の私の体をつくっていました。

 

基本的には和食。

ご飯に味噌汁は必ず毎食。パンを食べることはほとんどありませんでした。

 

意図してかどうかは分かりませんが、「食」に関して言えばかなり恵まれていたのだと感じました。

 

 

それに気づいてから他のこともつながり始めました。

 

こんな自由人な私です。

習い事を始めたとしても長続きしませんね。

毎週同じ時間に同じことをしたくなるかといえば、それは微妙です。

それを分かっていたのかもしれません。

逆にあれこれ決められて生きてきていたら、窮屈で爆発していたでしょうね。

 

 

体こそ資本。

そして社会の「当たり前」に捉われず、染まらず、自分なりに考え行動する。

過去のあれこれから今の自分がいます。

 

違う過去であれば違う自分になっていたかもしれませんが、

世界規模・地球規模の自分なりのミッションに気づくことができ、行動し始めることができたのですから、これが来るべき道だったと思います。

こうしたおもしろおかしい人生を歩めることって幸せだなぁ。

 

 

そう考えだすと。

「あれ、めっちゃ恵まれているじゃん。この家も選んで生まれてきたのだろうな。」

と感謝の想いでいっぱいです。

 

 

現在、家庭に関して苦しんでいる子も多いと思います。

その渦中にいるときは気づかないけれど、あとでその経験の意味に気づいたりします。

状況が好転するその時まで、志高く、一日一日過ごしてほしいなぁ。