一つひとつの出来事から、その意味を考えざるを得なくなった話。

 

昨日は一日出張。

そしてあることに気づく、

 

「そうだ!ちょうど帰りの方面だし、ヘアーサロンマルヤマへ行こう!!」

 

 

 

その後は、ずーーーーと喋っていて、気づけば日をまたぎそうなほど。

お仕事終わりのお疲れの中、あっちゃん、よっちゃん、ありがとうございました。

 

「何を成し遂げようか」

そう考え悩んでいる時点で、それは自分の承認欲求を満たそうとしているに過ぎない。

矢印の方向が内へと向いてしまっている。

 

自分のやりたいことをとことんやり続けた先に、他の誰かがそれを「成し遂げた」と承認してくれるだけの話。

その時自分は「成し遂げた」と感じているかどうかは分からない。むしろ「まだまだこんなもんじゃない」と必死に取り組んでいる最中かもしれない。

 

 

 

最近凄いなぁと思う方々にたくさん会い、それに刺激を受ける中で、

「自分には何ができるだろうか」と考えていた。

 

しかし、やろうとする「何か」が定まっていない時点で、そのスタートの切り方はおかしい、そう昨日気づかせていただいた。

そしてこれからやっていくことを、おしゃべりの中ではっきりと自覚できた。

 

 

必要なタイミングで必要なことが起こる。

これだけいろいろとつながると、昨日はそのための一日だったのかなぁと、考えざるを得ないよね。