ここまで言い切る勇気。

 

タイトルに衝撃を受け購入したものの、読めずにいたこの本。

 「くたばれ学校」

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00U6TX8PYwww.amazon.co.jp

 

いろいろと批判もあるのだが、その背景には現場での経験がある。

こういう風に過激に物事を語る人がいるけれど、そういう人ほど実はよく実態をとらえていて、覚悟をもって発信している気がする。

そして出版された時よりも、今。まさにこの本の中で語られている実態になっているように思える。

いろいろな意見があるけれど、とらえ方としてずれていないのかなと思う。

 

ではそれを受けてどうしていくのか、それはこの本ではあまり多く語られていない。

実態は実態として受け止め、ただ批判に終わるのではなく、解決策を見出し実現させる。それができるところに、この時代の教育の面白さがある。

 

 

あ、ただ「くたばれ」なんて、私はそんなこと微塵も思ってもいませんから。