『学び合い』の芽が出てきた話。

 

4月の学級開きから少しずつ種をまいてきた『学び合い』。

その芽がここにきて出てきています。

 

 

 

ある子のエピソードを。

 

その子は初めのうちは、何をすべきか分からず、「何をすればいいですか?」と聞いてくることが多くありました。

 

しかし最近は、

「分からなかったら相談していいんだよね。」「終わったから〇〇さんのところにヒントを出しに行ってくるね。」と言うようになりました。

まだ不安なところがあるのでしょう。確認や報告はしてきます。ただ最初のころの指示を待つような姿とは明らかに違う、まさに「主体的に学びに向かう姿」に近づいてきているように感じます。

 

その子は先日のテストで100点を取ることができました。

内容もなかなか難しい単元です。本人に聞いてみると、

「分かってない人にヒント出すでしょ。でもそれでも伝わらなかったら言い方を変えるの。困ったら他の人呼んできたりしたの。そのヒントを聞いたりしてたら分かるようになったよ。」

 

まさに「対話的な学び」。そして自分の不足を知り、それを補うような「深い学び」。

 

 

こんな感じで芽が出てきています。クラスの2~3割といったところ。

これから爆発的に増え、またその芽もぐんぐん伸びていくことでしょう。

楽しみです。