もともと意欲がある。学び合うのも本能って話。

 

分からないことがあったら誰かのを見ようとする。

ずっとじっとしていられなくて、自ら動きだそうとする。

 

 

小学生って実に本能に忠実です。

こうした姿からも分かるように、誰もが伸びようとしています。そして学び合うことは本能なのだと思います。(ただみんなで・みんながという意識は無いので、そこは補足する必要がありますが…)

 

 

そうした本能に忠実な行動が、なぜ見られなくなっていくのか。

そしてそれはいつどこでそうなっていくのか。

 

 

個性をもたせる、さらにその個性を伸ばす。

それを大事にと言いながら、やっていることは個性を育てない、むしろつぶすようなことになっていないか。

 

 

今ある純粋な自らの力を高めたいという意欲、そして一人ひとりの良さ。困ったときには何でも頼りにして乗り越えようとする力。

これらを潰えさせず、いつまでも残し続けるようにするのは、今の枠組みではなかなか難しい。けれどこの純粋な気持ちを保ち続けられるかどうかで、その先が大きく変わってしまうだろう。

私は、そこに向き合い続ける。