人から認められるよう生きるのではなく、自分の理想像を生きる。

先日講演会で話を伺った青木仁志さんの本を読む。

そこで心に残ったのが、これ。

 

他者に貢献する。それはとても素晴らしい行為だと思うし、自分の心掛けるようにしている。しかしその行為の背景に「本当にそれが自分の理想だから」という考えがあるのか、何となくその方がいい、「人から認められるように」という考えがあるのか。考え方次第で全く別のものになってしまう。

 

最近の自分は、どうやら認められるようにしていることが多かったように思う。自分の理想の実現に向かっているはずなのになんだかしっくりこない。ということはどこかに無理があったはず。原因はこの考えがぶれていたからなのだろう。

 

何となく、がんばった分リターンを求めていたように感じる。返ってきたらラッキー。それくらいに心から感じていた時のように、心穏やかにいきたいなあ。