なんだか体が重い。そうだ、ジムへ行こう。

週に一度、時には二週に一度。地域のジムに行っている。市民なので1回の利用料金は500円もいかない。退勤後の時間の使い方としてももってこい。

 

最近強く思うのが「体は資本だ」ということ。当たり前のことなのだけれど、つい意識が薄れがち。最近特に「体が重いな~」と感じるのも、年末年始にダラダラして、そのツケが回ってきたのだろう。当然の話。

 

ということで減ってしまった筋肉を補うため、また代謝を高めるために筋トレ&ランニング。ヘトヘトにはなるのだけれど、この疲れ具合が心地よい。普段は動いているようで実はそんなには動いていない。その反対に、給食にて高いカロリーを摂取。子供たちの成長のためには良いのだけれど、活動量が少なく代謝の落ちた身には逆効果。かといって残すのは気が引けるから食べちゃうんです…

 

体は摂取したものでできている。そしてそれは日々入れ替わっている。当然の話。活動量が減れば筋肉量が落ちる。代謝も落ちる。当然の話。当然の話なのに、そして大切な体の話なのに軽視しがち。自分が幸せに生きていくために、そして誰かを幸せにしてくためにも、ちゃんと体は労わらなくては。

 

あとストレス発散にもいい。「もう動けん」ってくらい動けば、勝手に眠くなる。睡眠導入剤要らず。悩んでいる余裕もなくなる。辛い時は辛いことばかり頭の中で考えてしまうから、どんどん悪い方向に想像し、自分で自分を滅ぼす。ただ体を動かしている時にそんなことを考える余裕はない。一時でも忘れるだけで、少しは気持ちが楽になるもの。「ヤバい。今気分が落ちてる時期だ」という時は、体幹トレーニング!是非!!