教育

新たな取り組みを始めてみた話。

少し前にふと思ったこと。 「授業のうち、『知識の伝達』に関する部分は動画にして、いつでも見られるようにしてしまえばいいんじゃん!」 ということ。 そう思い立ったのは、この2つのYouTubeチャンネルを観て、です。 www.youtube.com www.youtube.com …

生きぬくチカラを育むために。

先日はこんなイベントに参加させていただきました。 www.facebook.com イベントの内容とは全く関係ないですが、 桐生市にこんなきれいな施設があるなんて知らず、驚きました! という話は終わりにして、本題へ。 まずは法政大学キャリアデザイン学部の児美川…

ゆったりたっぷりのーんびり、な話。

今日の6校時は、どのように時間を使うかお任せしました。 図工の絵を仕上げようとする子もいれば、 総合のまとめをする子もいるし、 裁縫をしている子もいる。 何にどれだけ時間を費やすか、個々のペースはバラバラ。 そもそも同じ時間で同じように完成させ…

恵まれている話。

ここ最近、放課後に作業をしながら、 いろいろな話を職場でしています。 話を聞いてもらったり、良いアイディアをもらったり、本当にありがたいです。 思い返してみると、なぜか私は、これまでずっと職場環境に恵まれています。 人間関係にも合う合わないが…

学びの様子に変化が

これまでは、だいたい一単位時間に一課題の、定番パターンでやってきました。 ある程度の成果は出ていますが、その段階から先へは伸び悩むようになりました。 それにはトップランナーが突っ走れていないことが影響しているような気がします。 ということで、…

また新たな繋がりが、の話。

先日、こんなイベントに参加しました。 www.facebook.com 「人塾」の今回の講師は、「まなビバ!シリウス」というオルタナティブスクールの代表である安楽岡優子さんという方です。 manavivasirius.wixsite.com 新聞のコラムで彼女の記事を読んだことがあり…

社会科の「産地調べ」の話。

社会科の学習で、「食糧生産」の単元に入りました。 その導入として、「農産物」「海産物」「畜産物」の確認をし、 家にある食料品の産地を調べてくる宿題を出しました。 社会科の学習後、ある子が、 「先生、あまり産地調べできないかもしれません…」 と言…

大和言葉について見つめ直してみた話。

ブログを更新し続けていて思うこと。 最初は「量」だと思って、ひたすら書き続けました。 そうすると時々、「これだ」というネタが思い浮かびます。 そういう記事には、気づけば1時間2時間… 文字数も多くなります。 こうしたことを重ねていくと、普段の記…

今日どれだけ喋っただろう、って話。

ふとあることに気づきました。 「あれ?今日全然喋ってないや。」 授業の初めには概要の説明をします。 その後は子どもたちが学習する様子を見守りながら、 質問があれば答えたり、時々声を掛けたりしています。 でもその程度。 今日はたまたま作業的な時間…

教わるということ。

今朝の業前活動は読み聞かせでした。 地域のボランティアの方が来校し、読み聞かせをしてくださいます。 今日、担当してくださったのは、ある高齢の女性でした。 読んでくださったのは、この本です。 ともだち 作者: 谷川俊太郎,和田誠 出版社/メーカー: 玉…

集金の話

集金日。 無くなったり何かあると大変なので、持ってきたお金は登校後すぐに集めています。 ある集金日の朝のこと。 「あああ~、俺のおこづかいがぁ~」 と嘆く声。 話を聞くと、どうやら自分のお小遣いから教材費などの集金を出しているそう。 まぁ実際は…

子どもに学ぶ教師、の話。

最近、二人の高校生から多くの学びを得ました。 私自身の備忘録としても、気づきをまとめておきます。 一人目は、福岡の川内柊佳(かわちしゅうか)さん。 彼女はSDGsカードゲームのファシリテーターをしています。 SDGsとは、持続可能な社会を目指して国連…

本学と末学の話

学問には「本学」と「末学」がある。 「本学」とは、「人間としての在り方」を考えたり学んだりすること。 昔の寺子屋では、「四書五経」などを通してこれを学んでいた。 「特別な教科 道徳」「キャリア教育」 そこに求められるものは大きいなぁ。 平安末期…

トップランナーは突っ走れ!

年度末です。 あと少しで今の学年が終わります。 卒業式の練習以外は、結構時間にゆとりがあります。 その時間を活用して、復習三昧。 理解している子は、教えることに徹しています。 しかし、あれあれ? 私の経験上ですが、これはあんまり上手くいかないよ…

新たな読書のスタート、の話。

戦後、西洋に倣って経済発展を成し遂げ、物質的・金銭的な豊かさを得ました。 それで「幸せになったか」と考えると、うーん。 衣食住に困ることなく生活できるようになったことは、間違いなく素晴らしいことです。大病を患ったり事故に巻き込まれたりしない…

群馬セミナー2019の話。

先週の土曜日、 今年度も無事に群馬セミナーを開催することができました。 www.facebook.com ちょうど同日に東京でも会があったので、人数が集まるか心配な所でしたが、予想を越える参加者が集まり驚きました。 それだけ『学び合い』の裾野が広がっているの…

「縦糸の読書」の話

本当にこの一年で、人生が大きく変わりました。 行動しだしたら、いろいろなことが舞い込むようになりました。 ちょっと勇気を出して新たな環境に飛び込んでみると、そこで新たな人とのつながりが生まれました。今まで知らなかったような情報も入るようにな…

働き方改革の話。

年度末が近づいてきました。 来年度、授業時数が厳しくなりそうなので、 特別活動主任として、行事の精選を提案しました。 一括りに行事といっても、児童会のもの、学校のもの、地域のものといろいろあります。 なので私一人では対応しきれません。 そこです…

なぜ授業中に寝るのか

久々の更新! 最近はインプットに専念していたり、むしろ何もしない時間がほしかったりと、そんな調子でした。 今朝、ふと思ったことです。 私は授業中、しょっちゅう寝ていました。 授業が退屈だったからです。 ただ思い返してみると、小学校の頃は寝ていま…

あたりまえを疑う

今回読んだ本はこちら。 あたりまえを疑う勇気 作者: 植松努,清水克衛 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2019/01/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 「リアル下町ロケット」とも言われる植松電機の植松努さんと、 …

子どもに学ぶ教師の話。

算数の話。 今「10000までの数」をやっています。 単元の中での配当時数は10時間くらいですが、7,8時間で終わってしまいました。 しかも私が直接「教える」ことはほとんどありませんでした。 なぜ、それでもできてしまったのか? それは、1学期までさかのぼ…

こりゃまたすごい本に。

今回読んだ本はこちら。 言志四録 抄録 作者: 佐藤一斎,勝川華舟,世良田嵩,渡邉五郎三郎 出版社/メーカー: 明徳出版社 発売日: 2017/05/01 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 教員は公務員。 公務員の前身と言えば、武士。 という…

読み書きこそ、って話。

今回読んだ本はこちら。 国語教育を救え 作者: 宇佐美寛 出版社/メーカー: さくら社 発売日: 2018/07/11 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 書店で何となく気になったので購入して読んでみることに。 そこまで言わなくてもいいん…

今日は絶対拡張の日なので。

日々の仕事をより広げていくための、スタートの日にします。 今回読んだ本はこちら 最高の学級づくり パーフェクトガイド 指導力のある教師が知っていること 作者: 赤坂真二 出版社/メーカー: 明治図書出版 発売日: 2018/02/16 メディア: 単行本 この商品を…

新学期。係活動の話。

新学期が始まりました。 まずはクラスが回るように係決めをしました。 1,2学期を振り返って、なくしたり組み合わせたりする係があってもいいし、必要だと思えば新しい係を作ってもいいよと話しました。 そして本日、私の脳内には全くなかった、新たな係が生…

身近なところで語り合った話。

昨日はとあるコミュニティスペースにお邪魔させていただきました。 そこで活動をされている方とは以前からつながりがあり、これまでも時々顔を出していました。 昨日は、2019年に私がやろうとしていることについて話しました。 www.futaba1107.com 今回お邪…

作戦会議2019の話。

昨日は仕事始めでした。 職場に行って3学期のスタートの準備。 とは言っても印刷物とかお便りとか一部だけ。 あとは子どもたちと一緒に作り上げます。 こちらがいろいろと準備してもいいのですが、 そうすると子どもたちの「自分たちでつくり上げた」感が得…

2018年の振り返りと2019年に向けて

2018年。 激動の1年でした。 根本に戻ると、やはり『学び合い』。 抜群の成果を出せているというわけではありませんでした。 書籍に関わるわけでもなければ、会を運営しているわけでもありません。 そんな私の『学び合い』を磨くために必要なことは何かを考…

2学期が終わって思うこと

先週で2学期が終わりました。 明日まであるという学校の方は、お疲れ様です。 この2学期は、学習面でも生活面でも、大きく進歩したように思います。 学習については、 大丈夫だと思っていたら意外とテストの点数につながらなかったり、やるべきことがたまっ…

先人から勇気をもらった話。

今回読んだ本はこちら。 勇気をくれる日本史 誰も知らない偉人伝 (角川文庫) 作者: 白駒妃登美 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/06/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る このイベントの際に購入させていただきました。 www.futaba1107.com…